タグ別アーカイブ: Creating Shared Value

CSRをマーケティングに活かす

社会的責任(CSR)の目的は,持続可能な発展に貢献すること

CSRは企業が社会的責任を果たし、持続可能な発展を支えることだという共通認識が2010年以降強くなりつつあります。これはISOが規定したCSRに対する認識です。流石ISOとても幅広い範囲での広義での定義をしている気がします。なぜこれが広義かというと、このまま解釈すると企業が執り行うCSRというよりもNPOやソーシャル・アントレプレナーの企業がおこなう活動のようにとられてしまうからです。

 

この認識は多くの人に広義のまま認識されてしまい、多くの人に間違った認識を与えている気がします。CSRを学ぼうとする、新たに人事異動で着任された方、学生、そして、コンサルタントまでもがCSRを広義で捉えてしまっている傾向が有る気がしています。

 

CSRは当該企業が持続発展可能な環境を戦略的にどう作り上げ、その環境をどう維持し、成長させ続けるか?ということだと私は認識しております。自らの企業の活動範囲と関係なく、幅広い社会的な問題にどうアプローチしていくか?なんてことは全くもって定義されていませんし、企業が行う社会貢献活動全てがCSRに含まれるということも定義されていません。

 

戦略的なアプローチが無い単なるCSRを企業は継続することもできませんし、そのようなCSRを継続するメリットは企業にはありません。その総合的な成果として企業が持続発展することが可能になる状態を甘受することが目的になります。地域社会・消費者・顧客・サプライヤー・ベンダー・原材料産地・環境などのサプライチェーンとどうウィン・ウィンの関係を築きあげるのかがCSRの本質ではないでしょうか?

 

弊社ではCSR方針とCSRアクションの整合性を確認し、より効果的でインパクトのあるCSRアクションの策定と実行のサポートを行なっています。なんとなくCSR活動を行なってしまっている企業様は御気兼ねなく御相談くださいませ。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

なにかご質問や御相談ございましたら、御気兼ねなく御相談くださいませ。

基本的に相談などに関しましては無料で対応させていただいております。ご質問やご相談はこちらから。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

災害復興はCSRか?

CSRは当該企業が事業の持続発展性を鑑み、ステークホルダーと共にステークホルダーとの関係性を良好に保つ活動のことだと私はこのブログでも再三述べてきた。では、災害復興はCSR活動してどうなのか?災害の復興を手伝わないと事業の持続発展は阻害されるのか?それはケースバイケースである。

 

東日本大震災の被災規模は非常に大きく、物流の大幅な遅延やITインフラの停止などを考えると影響規模は日本全国であった。国内市場をターゲットとする企業にとっては、今回の災害は他人ごとではなく、CSRでいうところの1.経済について(自社のリスクマネジメント 事業継続マネジメント)、2.消費者課題や地域社会に関する課題の2点において関係性が見ることができました。

 

様々な企業が自社の課題として災害を捉え、地域社会貢献・消費者支援などあらゆる側面から復興支援活動に取り組んでいた。しかしながら、課題を感じている。それは継続性だ。もともとのCSR方針の中に災害復興という項目をいれていなかったために突発的な対応としてCSR活動に組み込まれてしまった場合においては、単年で復興支援活動を休止してしまうケースもあったことだ。

 

企業は自社の事業を持続的に成長させないと存続することができない。そういう条件下において災害復興を自社のステークホルダーと切り離すこと無く、自社のステークホルダーの問題として、しいては自社の問題として捉えて能動的に行う、CSR活動の枠組みの中にいれて災害支援活動を継続してもらいたいものだ。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

なにかご質問や御相談ございましたら、御気兼ねなく御相談くださいませ。

基本的に相談などに関しましては無料で対応させていただいております。ご質問やご相談はこちらから。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

CSRを優先するか?事業存続を優先するか?

先月下旬、有名なCSR先進企業がエコに関連したキャッチコピーの使用を3月末日で全面廃止することを決定した。サブタイトル的にキャッチコピーを全面廃止し、自社のブランドを前面に打ち出し、グローバルで自社ブランドの再構築を図るとのことだ。全くもって正しい判断だと思う。

 

企業はエコを推進するために存在するのではなく、利益を創出することを第一義の目的としている。利益を創出して初めて、雇用を継続することができる。利益を創出して初めて、税金を納めることができる。利益を創出して初めて、事業を継続することができる。利益を創出しないとCSVも社会貢献も環境配慮もない。極端にプラクティカルなロジックではあるが、それが事実だ。環境配慮しても社会貢献してもCSV戦略とろうとも、売上利益が伴わないと事業が存続できない。

 

事業を存続させるためには、社会・環境・経済の経済を強固にしないといけない。その時、その経済状況の成長維持を担保するために環境保全や社会貢献をおこない、ステークホルダーとの関係性を維持し、より良いエコシステムを築く必要がある。これをCSRと呼ぶものだと私は思っている。

 

環境保全しないと企業が活動し続けることはできない!や社会貢献しないと社会のニーズに応えていない!とかいう人たちも居る。間違っていないとも言える。でも、冷静に考えてほしい。どういう人がそういう発言をするのか?企業サイドに立つ人間がそのようなことを声高にさけぶことは考えにくい。そういう活動で便益を得られる人たちはそういうことを言いたがるだろう。そういう声に惑わされることなく、まずは自分の会社の足元をしっかりと見てほしい。

 

まずは経済。それを安定させて成長させるための社会貢献活動であり、環境保全活動だ。この順番を間違うと痛い目にあう。今回の冒頭で書いたCSR先進企業の英断は評価したい。一旦始めたCSR活動を止めたり、後退させることはあってはならない。そんなことはそのCSR先進企業はよくわかっている。それでもキャッチコピーをやめ、コーポレートブランディング強化するという判断はその企業の未来を創る判断だとおもう。そして数年後またより強固なCSR先進企業として世の中をびっくりさせてくれることだと思う。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

なにかご質問や御相談ございましたら、御気兼ねなく御相談くださいませ。

基本的に相談などに関しましては無料で対応させていただいております。ご質問やご相談はこちらから。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

CSR部門 3つのあり方と成り立ち

CSR部門の位置づけは大体の会社で総務や広報などのスタッフ部門に位置づけられています。それがいいとか悪いとかの議論も色々あると思います。企業によっては営業部門と融合させるなど、いろいろな試みが為されています。その背景としては、3つの流れがあります。

 

1つはとりあえずCSRやっておくべ。という初期段階の形。CSRの方針も決まらない状態の中で外的環境からの要請で突き動かされてしまい、どこかにCSR部門をつくらなければいけないということで、とりあえず広報やIRなどの企業の情報開示を業務としているところに設置されるケース。

 

もう一つはCSR方針を決める際にCSRが割りとその企業のビジョンやミッションに近いところにあることがわかり、経営方針とリンクすることに意味があるのではないかと気づく段階。この段階において、CSRは経営企画やコーポレートブランディングなどを業務とひもづけられ、経営企画室などに内包されていきます。

 

最後に、経営企画レベルで設定したCSR方針を行動指針にひもづけることで、目標達成を狙う段階に入ります。CSR部門を解消するなど、CSR部門をフロントラインに位置づけることでより組織の各人員がCSRにコミットした組織になることを期待して行われることがあります。このレベルの組織体制はまだまだ実験レベルで行われております。

 

CSR部門のあり方は常にタイミングと人員で異なります。常にその会社にとって適正で効果的な位置づけとして設置することをオススメいたします。そろそろ期末の会社さまが多いので、来期に向けて慎重に且つ大胆にCSR組織を考えてみてはいかがでしょうか?

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

なにかご質問や御相談ございましたら、御気兼ねなく御相談くださいませ。

基本的に相談などに関しましては無料で対応させていただいております。ご質問やご相談はこちらから。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

CSRを広報代理店や広告代理店に任せるということ

広告代理店の強みというのはクリエイティブのトンガリだったり、卒のない段取りだったり、数をあげればキリがありません。日本の大手広告代理店は人材も豊富ですし、ネットワークも素晴らしいネットワークをお持ちです。私自身も日本の大手広告代理店の方で、舌を巻くほど、頭も人格も素晴らしい方を知っています。広告代理店に対して業務を依頼するのは簡単ですが、最も重要なのは何を依頼するかだと思います。

 

依頼内容がボヤーンとしていたり、依頼範疇が明確になってなかったりすると依頼自体が単なる徒労に終わったりします。CSRは外部の代理店に依頼することができるものなのか?というとそれは出来ないものです。これは言い切ります。CSRはそもそも自社の存在意義やヴィジョンと深く関わるものです。企業が存続して行くために、持続して成長していくために、ステークホルダーとどうか変わってどう事業を継続していくか?というそもそもの部分をしっかりと自ら構築することが重要です。

 

その部分を代理店に丸投げしてしまうと、自社のDNAから染み出す社風や行動規範を汲んだCSRは構築することができません。それを代理店にまかせてしまうと、代理店側も何をベースにCSRを創るべきかが見えなくなり、スタンダードなCSRを紹介せざるをえないことになります。そうなると、その企業に本当に必要なその企業のオリジナルさがないCSRを構築することになる。同時に組織のDNAから創りだしていないCSRは継続性が危ぶまれる。

 

まずは自社のCSRの方針を明確につくることが、代理店に依頼する前の大切な作業です。そこがブレると全部がブレるので、ぶれないように軸をつくることを大切にしましょう。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

なにかご質問や御相談ございましたら、御気兼ねなく御相談くださいませ。

基本的に相談などに関しましては無料で対応させていただいております。ご質問やご相談はこちらから。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

CSR先進企業:持続発展可能な企業になるための前提条件

仕事柄色々な企業に訪問させていただいています。小売、製造、金融、教育その範疇は非常に広いです。お付き合いしている企業の多くが創業50年前後、最も創業年月日が古い企業様で90年という企業様がいらっしゃいます。持続発展しつづける企業のみなさまです。その企業の皆様に共通していることがたった一つあります。それは、人です。

従業員の皆さんの価値判断が固定されており、その価値基準にもとづいて行動をされていることです。従業員のみなさんはその価値基準に応じて仕事をすることに喜びを感じており、生き生きと仕事をされています。逆にこれまでに倒産した企業様も数社見てきています。倒産する企業に言えることは、これまた人です。

何かあると「でも、・・・。」とおっしゃる方が非常に多い組織。その企業の価値基準がしっかりと末端まで根ざしていなく、働く人も「お金」という尺度だけで勤務している方の多い企業様が倒産するのを2件立て続けで見ました。企業は人なりといいますが、本質的には人ではないと思っています。

企業の理念、考え方、行動指針がしっかりと組織に染み込んでいる。これが企業は人なりの源泉にあるのではないかと思っています。10人の社員の方に質問をして、10人が同じ価値基準にもとづいて、ジャッジをする。そんな企業さまが持続発展可能な企業の前提になるのではないかと思っています。従業員も最も重要なステークホルダーですが、ステークホルダーになっていただくためには、企業が何を考えて、一緒に幸せになろうとしているのかを伝えきれていないと考え方は浸透しません。

毎日、毎日、企業側からの絶え間ないコミュニケーションを元に組織文化は構築され、強い、楽しい、組織は出来上がります。ブラック企業の多くはそういったコミュニケーション不足で思いが伝わっていない企業です。今一度、重要なステークホルダーである従業員の皆さんのDNA、「種」の確認をしてみませんか?

若者のソーシャル・CSR熱に一考してみる

最近若者特に学生がCSRやソーシャルに熱かったりする。でも、CSRっていうものは企業が自社の存続を賭けてステークホルダーと共に持続発展可能な社会を形成することなので、微妙にズレがある。企業のインターンでCSRのプロジェクトに参加してみたりしているようだが、そもそも当該企業のDNAを自ら持ち合わせていないのに、CSRのプロジェクトに参加させる企業も企業だと思う。であれば、インターンとしてではなく消費者としてステークホルダーとしてステークホルダーエンゲージメントとして起用するべきだと思う。

就活中の学生のCSRに感銘を受けた!という志望動機は完全否定はしないが、表層的にCSRに感銘を受けたというスタンスはいただけない。CSRを通じて、企業を取り囲むエコシステムの構築と新規開拓を行おうとする姿勢に感銘を受けたというのであれば100歩譲っていいのではないかと思う。社会貢献活動に感銘を受けた!ということであれば、自分でNPOをたちあげて活動をすればいいだけのことなのだ。アメリカでは中学生でも小学生でも親の指導を受けながらNPOをたちあげて運営している事例もある。

でも、なんでまたCSRやソーシャルにこんあに熱くなるのか?これは一つの大きな流れではないかと思う。成長拡大を正義として、開発を繰り返した日本社会が成熟を認めその成熟の中でどうすれば生存していけるのか?という課題を抱えている。政府や行政がサービスしきれない部分を自分たちで担っていこうという気概であって欲しいと思う。もう一つの可能性は「俺が、私が、日本を変える」という若者特有の熱なのかもしれない。江戸時代幕末に維新の志士がそうだったように、1970年代学生運動がそうだったように、若者独特の社会に対する熱をCSRやソーシャルという熱に昇華させているのかもしれない。

そういう気概はあるべきだし、そういう機運が強いと世の中は少しでも変わる可能性はある。戦後68年。様々な景気を経て、成熟化した日本に若者のソーシャルの熱がどう伝わり、どう社会を変えていくのか?2013年に期待している動きの一つだ。そこでひとつ、若者にお願いがある。若者にはイノベーションを産む力がある。既存の体制や企業や団体に頼らずアクションしてみてはどうだろうか?企業や団体に寄生せず、独立独歩でチャレンジし、イノベーションを引き起こしてみないか?ふと、色々なブログを見ながら考えてみた。

CSRに対する経営戦略的なアプローチとは?

昨年本当によくCSV(Creating Shared Value)という言葉を聞いた。マイケル・ポーター先生がぶち上げた新理論なのですが、なんだかしっくりこない。それって戦略的CSRとかいうものとあまり変わらないのではないか?って思う。

CSRをはじめる理由は千差万別ではある。社会に求められて、関連企業に求められて、ステークホルダーに求められて、とかとか。でも、本来は企業存続条件に関わるものであるのではないかと思っています。企業が存続するためには、企業が存在するための生態系が維持できていないと企業は存続刷ることができません。

企業の生態系とは何でしょうか?それはステークホルダーが活性化された状態で維持されている環境のことです。社員が生き生きと仕事をする、顧客が自社サービスや商品を理解して利用してくれる、サプライヤーやパートナーも自社のスタンスや方向性を理解し、協力的態度で事業を支援する、株主や投資家も自社を支援してくれるそんな環境のことです。この環境を維持するためには自社をめぐるエコシステムを健全にしていく必要性があります。

同時にもう一つ上の次元の企業を取り囲む生態系というものもあります。自然環境が不安定な状態になり、人間が住みにくい地球環境になると、社会が不安定になり、企業がサービスや商品を提供できない状態になると企業は存続が不可能になります。

自社の事業サービスや商品を提供し続ける為にはCSR的なアプローチをもってして、企業のエコシステムを潤滑に「健全に育成」し「続ける」必要性があります。それを世に持続発展可能という言葉やクリエイティングシェアードバリューという言葉でアプローチしているのだと私は理解しています。

2013年から5世代後、200年後も生存する企業を目指しより良いエコシステムを築きより良い社会の発展に貢献するCSRを今年も支援していきます。今年もよろしくお願いいたします。

2013年 CSRへの期待

CSRへの期待ともうしあげましても、各社のCSRの方針は違いますので中々期待はしにくいです。とはいえども、敢えて現在CSRの課題とそれの改善に関する希望を書かせていただきます。

1.広告とCSRの違いを明確化
CSRは企業広告や企業広報そしてPRとも違います。しかしながら、広告代理店さまなどの活動の流れの中で企業広報の広報事項の一つであるCSRのが全面になりすぎてしまい、CSRを広告告知として活用しすぎる傾向があります。CSR専門家という方が広告の方が増えてきているのも事実です。自社のCSR活動を面白く、楽しく報じることが問題ではなく、内容が問題だということを認識して欲しいと思っています。それらの活動はCSRコミュニケーションの分野でありCSRとしての本質的な部分とは違います。そこを消費者を始めとするステークホルダーがちゃんと理解できるようになることを期待しています。

2.ステークホルダーに子供を
今年から子供の教育に対してのCSRが徐々にトレンドになりつつあります。トレンドになるのは全く問題ではないと思いますが、CSRは基本的にトレンドとかあってはいけないものだと思っています。一度組み付いたら、結果が出るまで、目標に到達できるまで継続することが大切です。子供に対するCSR活動は少子高齢化が進む日本社会にとっては重要且つ緊急性が高いものだと思っています。この流れをとめず、継続して子供に対してCSR活動を続けていって欲しいとおもいます。

3.IT企業とCSR
今年はようやくネット関連上場企業もゆっくりではありますが、CSR関連活動をはじめるようになりました。もともとはじめてはいたのですが、消極的だったり、方針がなかったりと不明確な物が多かったのですがやっと具体的なものになりはじめた感があります。しかしながらまだまだ、GRIのフォーマット埋めることが出来るほどの内容のCSR活動はされておりません。無論GHGプロトタイプの基準でのGHG算出もされてはいません。大手IT企業が2013年もう一歩CSRをしっかり踏み出してくれれば、IT業界全体がCSRを意識しはじめる良い年になるのではないかと期待しています。

4.中小企業とCSR
CSRは大企業のことだから。というのは既に一昔まえの話しです。既に中小企業の融資基準や公共入札基準にCSRが取り入れられているところさえあります。さいたま市や横浜市などのメガクラスの地方自治体が独自のCSR基準を策定し、その基準を満たす企業に対して認証を行い始めています。この流れは各地の自治体で広く取り入れられる流れになっていくだろうと思っています。同時に大企業のグループ企業などと取引をしている中小企業では既に取引条件にCSRに関する内容のものが入りはじめているところあると聞きます。CSRを自社の強みに変え、成長の糧にし、競争優位を築き、次世代の日本を担う中小企業に期待をしています。

毎年CSRが注目をされていますが、毎年その方向性はより華やかな部分ばかりが取り上げられてしまうことで、本来CSRがで達成すべき内容がぼやけてしまっているように思えます。来年は弊社といたしましても、より一層多くの企業や団体ののCSRコンテンツ・ソーシャルコンテンツ磨きのお手伝いをさせていただきます。

100%利益を拡大し、CSRを根付かせるための唯一の条件

弊社の事業について少し書きます。弊社は私、青田勝秀一人で運営をしております。事業はコンサルティングという名前のよろず相談事をお受けしております。本当にその範囲は多岐に渡りすぎています。クライアント企業のスタッフの方の法律問題に関することをお調べしたりすることもありますし、企業理念や経営方針の組立のお手伝いをすることなどもあります。

とは言えども、メインの仕事は2つ。ネットショップの運営に関わるコンサルティングとCSR活動に関するコンサルティングです。

ネットショップのコンサルティングにつきましては、利益の最大化のお手伝いをさせていただいております。コストの低減、業務効率化、売上げ拡大化の3つひとつになったご提案をさせていただいております。毎週2回クライアント企業様におじゃまさせていただき、課題や問題に対する進捗の確認をさせていただきながら施策を実施させていただきます。

CSRコンサルティングにつきましては、クライアント企業様の企業風土や社風から生まれるその企業にしか出来ないことをクライアント企業の社員のみなさまと見つけ出し、それをフィーチャーし、育てていく仕事をしております。

これら2つの事業領域にまたがる業務といたしましては、
1.コンセプトメイキング
2.問題・課題解決
という大きくわけて2つの業務がございます。

企業に属している時からカウントすると足掛け10年以上のコンサルタントとしての活動になります。確実に利益をあげたり、確実にCSRを企業風土に根付かせる経験と自信があります。ただし、一つの条件があります。それはクライアント企業さまの皆様と私の関係性です。信頼して一緒に仕事が出来るかどうか?です。これはもう恋愛に近いレベルだと思います。ある程度の距離感で相思相愛の関係が築けない場合においては、お互いのパフォーマンスが低下します。

ですので、弊社では初回面談は全て無料です。二回目も無料です。でも、3回目に弊社からお仕事をお受けできませんとお断りさせていただくこともあります。しかし、ちゃんとハマると売上げは300%まで成長したり、CSR関連の賞を受賞できる風土が作れたりします。気になる企業様は御気兼ねなく御相談くださいませ。