カテゴリー別アーカイブ: 新規事業

商業施設が行うべき販売促進 SNS活用

 

1.これまでの商業施設の販売促進

これまで商業施設が行ってきた販売促進は、メディアの変遷に合わせて実施され効果をだしてきた。2000年代前半まではラジオ・テレビ・雑誌のメディアミックスを行いながら、駅や電車の中吊りで補強する形で行われてきた。販促費に余裕のある企業は館内マップを定期的に更新したり、館内専用雑誌みたいなものを作成していた。効果としてはテレビが絶大な効果があり、テレビで放映された日の翌日から相当数のお客様が来店することはよくあった。

2.現在の消費者のメディア利用状況
1)テレビの状況
人々の生活スタイルは変わりつつある。まずもってテレビを見る時間が年々減っている。このことはNHKが調査をした結果としても明白になっている。
https://www.nhk.or.jp/bunken/summary/yoron/broadcast/pdf/150707.pdf
テレビを見ない層が全体の6%短時間視聴と言われる2時間未満の視聴者が38%これを考えると半数近い人がテレビを殆ど見ていない人になっている。そのテレビを使った販売促進は日々日々影響力が少なくなっている。

2)雑誌・新聞の状況
新聞の販売部数は2010年代に入り読売新聞でさえ1000万部を割り込みはじめ、朝日新聞はいまや800万部を割り込み5年以内に600万部を割り込む状況になりつつある。新聞メディアは各社毎年マイナス成長を維持する状況となっている。
雑誌についてはどの雑誌、漫画も軒並み発行部数を減らしている。なかにはVERYのようになんとか成長をする雑誌もあるものの稀なケース。
http://factboxglobal.com/japan-magazine

3)ラジオの状況
ラジオ視聴に関してはほぼ壊滅状態で40才以下の層に対してはほとんどリーチが出来ない状況になりつつある。総務省の調べによると10代20代は全体の0.4%しかラジオを聴いていない。この世代が活躍する10年後ラジオはどうなっていくのか本当に心配である。
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h26/html/nc253210.html

4)インターネットの状況
他方で動画サイトやインターネット閲覧の時間はどうかというと総務省情報通信政策研究所の調べによると年々増加していることがわかる。
http://www.soumu.go.jp/iicp/chousakenkyu/data/research/survey/telecom/2016/01_160825mediariyou_gaiyou.pdf
その中でもSNS利用については全ての年代層において年々増加傾向を示している。

3.スマートフォンを活用した販売促進
1)スマートフォンの間違った販促
今やテレビを見ない、ラジオを聞かない、雑誌を読まない人が増加傾向にあることは前段で説明はした。そうなるとインターネットをつかわないといけなくなる。しかし、そのインターネットの中でも現在はスマートフォンが最もよく使われている閲覧機材になる。スマートフォンを使った販促というとアプリケーションをつくるという安易なことを考えがちだが、アプリケーション自体をダウンロードさせることが至難になってきている今、新しいアプリケーションをつかった販売促進ということは考えにくい。ダウンロードさせてもアプリケーションを起動させる仕組みをつくるのに手間暇がかかってしまう。その工数を考えると新規アプリケーションを使った販促は愚策ということがわかる。

2)既存のアプリケーションを使った販促
既存のアプリケーションといってもここではSNSアプリケーションのことを指す。SNSと一言で言っても利用者の属性が違う。若年層に強いのが、ツイッター。女性に強いのがインスタグラム。30代以上に強いのがフェイスブック。全般的に強いのがライン。どれか一つを取り上げてSNSの対策を打っても消費者に広くリーチすることは難しい。それぞれのSNSをうまく使い消費者にリーチしていかないと効果がなくなる。しかし、それぞれのSNSを日々毎時間見続けるということはほぼ不可能に近い。そこで弊社はSNS運用代行サービスを商業施設向けに実施している。

4.SNSを活用した販促
今現在SNSを活用した商業施設はあるが実は多くが死に体にある。その理由は手間がかかるということ。実務をしながらSNSを行うことは至難の業にちかい。それも複数のSNSに投稿していくとなると相当時間を取られてしまう。しかし、商業施設側は知らないが多くの出店テナントは積極的にSNSで情報を発信している。ひとつひとつのフォロワー数は少ないが合算すると相当数になる。彼らの投稿したデータを上手く活用しながら、彼らの投稿をフォローするように促したりすることも販促につながっていく。

5.商業施設が行うべきSNS運用方法
それぞれの出店者の情報発信をサポートしつつ、商業施設として告知すべき内容を消費者ひとりひとりに届くようにSNSを活用すべきである。炎上を恐れたり、消費者に対する対応を考えすぎたりすることで当たり障りのない情報を発信することもある。そういう当たり障りのない情報を消費者は求めてはいない。消費者は私だけに「特別な」情報が欲しいのである。それを届けることができるのがSNSであることを今一度知っていただきたい。

企業にとって変わるべきことと変わるべきでないこと

変わらないことで持続発展可能になるものと変わらないことで滅亡していくものがある。中小企業

やベンチャー企業にありがちなのが変えてはダメなところを変えてしまって持続発展ができなくなってしまうケースがある。企業というものはその芯になるものを変えてしまっては生き残っていけない。何故か?企業は生き物で組織で生きている。組織の根幹が崩れてしまうと寄って立つところが無くなってしまい、求心力が失われるからだ。

中小企業がベンチャー企業の場合はこの寄って立つ根幹の部分が作りこまれておらず、代表者のキャラクターに寄って立つ部分が多い。じゃあ代表者がブレなければいいのだが、いやいや。代表者も人の子。生きていればいろいろな人に影響を受けていく。影響を受けてそれを表現することで、組織の構成員がどう受けているかを考えていないことも多い。勢いで語るタイプにこういうことが多いのだが、いい話だなとか、良い事例だなと思うことをポンポン組織に伝えることで組織が疲弊していく。

では、どうすればいいのか?その企業らしさというものをきっちり組織の構成員:社員と一緒に作りこんでいく必要性がある。社員と役員と代表者は膝を付き合わせて対話し、お互いの考えのすり合わせをしっかりしなければならない。これを継続的におこなうことで組織の芯、使い古された言葉だが組織のDNAが構築できる。その上でその組織が置かれている状況、環境に応じた戦略を選ぶことになるのだが、ここで初めて環境対応した「変化」というものが求められる。

多くの中小企業やベンチャー企業の代表者は変化という言葉を本質的に取り間違えていることがある。そういう時は社内から発議するとサラリーマン人生に傷をつけかねない。そういう時はお気兼ねなくお声がけください。外部の目で診断し、課題や問題点を代表者にお伝えいたします。

CSR

店舗向けSNS運用代行サービス開始

SNSって何かと話題だけど、自分たちで運用をしていく時間がない。SNSつかっていいねを集めても売上げがあがらない。単なるブランディングにしかなっていない。そんな声をよく聞きます。ネット通販だけでなく、商業施設や物販店や飲食店そしてサービス業態店舗でもSNSを活用して集客することで、

1.ロイヤルカスタマー構築
低頻度利用者をお得意様に育て、定着化させる
2.販売促進費用の低減化
紙やWEBなどで今まで使っていた費用を低減させる
3.従業員のエンゲージメント構築
従業員参加型の情報発信をおこない帰属度を高める
4.新規顧客獲得
SNSの情報伝播を活用し、より多くの新規顧客を獲得

ことができます。今回弊社では以下のSNSの運用代行サービスを開始しました。今、現在多くのいえ、多すぎるSNSが存在しておりそれを運用するには相当の人件費と工数が必要になります。それをまるっと弊社でお引き受けし、売上げを上げるサービスです。

ツイッター
フェイスブック
ピンタレスト
フォースクエア

これら4つの中からクライアント様の現状に合わせた形のSNSを運用いたします。

月に1度定例会議を行い、現状の運用状況から傾向などのレポーティングを行います。
同時に次月の販売促進活動などのヒアリングを行い、それに応じた情報発信を行います。
対象店舗:商業施設・物販店・飲食店・サービス店
※販売促進スケジュールや来客数そして売上げデータなどの開示協力が出来ない場合は効果測定が難しいため、お断りさせていただくこともあります。
費用:初期費用・毎月の運用費 別途見積り(初回なので極力低価格で対応します)

ちょっと気になるという方は御気兼ねなく御相談ください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

なにかご質問や御相談ございましたら、御気兼ねなく御相談くださいませ。

基本的に相談などに関しましては無料で対応させていただいております。ご質問やご相談はこちらから。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

CSRアクション案 笑顔のないクリスマスの朝を迎える子どもたちのために。

2012年12月24日。本日は月曜日でいつも定期訪問している企業におじゃましました。祝日ですが、その企業は年末ということもあり、通常営業されていました。とはいえども、来客は私を含めて数名でとても静かでした。そんな場所で思うことがありました。そんな静かなオフィスのように、子どもたちの笑い声がない25日の朝はどうなのか?明日の朝クリスマスプレゼントが貰えない子どもたちはどうするのか?どんな気持ちの朝を迎えるのか?

確かにいろんな医療施設にはサンタクロースは訪問します。でも、
★親に捨てられた子供
★親が貧窮しプレゼントが貰えない子ども
はどうするのか?サンタクロースなんて居ないなんて言いながらヤサグレるのか?どんな苦しい時代で苦しい時を生きていても子供にそんな寂しい思いをさせていいのか?と疑問に感じました。

そこで私達に出来ることはないのか?と考え、来年実行してみたい案が生まれました。限定ではありますが、数千個のぬいぐるみをあつめて袋に入れて色々な施設に配るというアイデアです。手順はこんな感じです。

1.ぬいぐるみを集める
フェイスブックやツイッターを通じてぬいぐるみを集めます。ご自宅のテレビの上やタンスの上にあるUFOキャッチャーで取ったぬいぐるみなどを送って頂きます。

2.ぬいぐるみを入れる袋を調達します。
今回の意見に賛同いただける企業様から寄付をいただき、フクロを調達します。その布フクロには、今回のプロジェクトに賛同する企業様の名称とプロジェクト名をプリントします。

3.ぬいぐるみを梱包します。
皆様からお送りいただいたぬいぐるみを天日干しし、フクロに詰めて、カードを添えます。カードにはそのプロジェクトに賛同していただいた方の人数を記載し、●●●●人のサンタクロースからプレゼントと記します。

そんなプロジェクトを考えてみました。NPOや企業そして学校法人の方で一緒にやっていただける方をさがしています。ちょっと皆でアイデア出して、楽しく明るく子どもたちの25日の朝を素敵な朝にしてみませんか?

イベントとCSR

エコプロの会場でクライアント企業様のブースに立ちながら、休憩時間に色々なブースの展示を見せていただいています。今年は昨年よりも子どもたちの数も多く感じますし、来場者も多いのではないかと思いました。子どもたちでも興味が持ちやすく、面白いと思える展示や誰でもわかる、わかりやすい展示もおおくなったなあと感じています。

しかしながら、エコプロはイベント。CSRをどう考えているのか?ということことは、一旦横に置いておいて、自社のサービスややっていることを楽しく、興味を持ってもらえるように作りこまれたイベントです。正直CSRよりもいかに来場者に感情的なインパクトを与えるかどうかが課題になっている気がします。

大きな看板
やたらコンパニオンが多い
環境負荷の低いと一見思われるような商品の陳列が目立った気がします。

本来であれば、看板よりもコンテンツ
コンパニオンの数よりもコンテンツ
ほんとうの意味での環境負荷軽減の仕組みづくり

が必要なのではないかと考えています。とはいえども、CSRイベントよりもエコイベントの方が消費者のニーズに則しているのではないかと思っています。だとしたら、このようなイベントにおいてはCSRという言葉をださず自社のエコ活動というところを伝えることが大切な成功要因の鍵なのかもしれません。今一度来期に向けて、よりエコ活動のPRがステークホルダーに対して伝わりやすい展示をされたい企業様は御相談くださいませ。

CSR

2012年末商戦 SCとネットモールの攻防 

今年はちょっと変わったことが起きていることに気がついていますでしょうか?バーゲンの時期が大変なことになっています。駅前のショッピングセンターなど日本SC協会加盟のショッピングセンターのセールの立ち上がりが遅いというかモールとしてセールを推進していません。一方でネットショッピングモールは11月末から12月半ばまで毎週末セールを行なっています。

何が起こっているんでしょうか?

ここ数年競うようにファッションビルのセールの立ち上がりとネットショッピングモールの立ち上がりが同時期になることが多く、ネットを見ても、町に出てもセール色が溢れていました。今年は町はクリスマスというだけで、クリスマスセールはありません。ネットを見ると過激なタイムセールなどを実施しています。

ここでアメリカのことを考えてみましょう。アメリカのクリスマス商戦は11月最終週の金曜日にはじまり、翌月曜日はネットのクリスマス商戦がはじまります。今年なにが起こったのか?というと、金曜日から日曜日にかけてお店にでかけて、商品を物色して、月曜日にネットで商品を買うという現象が顕著になりました。それにより、店舗はマイナス成長、ネット店はプラス成長という結果になりました。

日本の商戦を見ると日本も同じことが言えるようになるのではないかと思います。12月締めてみて、日本SC協会の売上げ発表と各ネットモールの売上げ発表を比較してみたいと思います。リアルもネットも成長する。町に出てるのも楽しい、ネットでショッピングも楽しいという世の中であって欲しいと思いつつ、日本のSCの今後にちょっと憂いを感じています。SCの方でネットショッピングをどう取り入れるべきかお悩みの企業様いらっしゃいましたら、御気兼ねなく御相談くださいませ。

新しいスタイルの本屋を本屋で考えた 雑記

毎日基本的に夜仕事が終わってから、帰り際にジムに立ち寄りトレーニングをしています。一日疲れたはずの自分の身体と対話すうに調子を見ながら、ああ今日はここが動くとかこうすれば動きがよくなるとか、身体の軸やつながりを意識し時間をかけて身体を動かします。自分的には筋肉に力はいれてますがリラックスタイムなのかもしれません。

今日はたまたま夜時間がとれなかったので、朝からジムにいってしまいました。流石に夕方にはバテてしまい、頭も働かなかったので、夜は本屋で色々新書でも物色してみようと近所の本屋さんにいってみました。

たまに買っている雑誌があったので、その雑誌を買ってレジにいくと、レジでアンケートをしていました。本屋さんもあり方について悩むんだなぁと思いつつ、アンケートに答えて家にかえる途中で本屋さんはどう生き残ることができるのかを考えました。電子書籍が巨大化すればするほど、本屋さんはショーケースになってしまいます。立ち読みして欲しい本があれば電子書籍で、という流れがより今後強くなってくるはずです。

カテゴリ特化型
売れている本を集めました。というコーナー展開は今後はそんなに必要とされてこないのではないかと思います。極論としては自動車関連雑誌の新書・雑誌・漫画や雑貨が集中しているコーナー、健康・ダイエット関連書籍が集中していて運動もできるコーナー、料理レシピ本が買えてキッチンがあるコーナーなど用途に特化したコーナーを持ってみたり、それだけの専門本屋さんがあってもいいのかもしれないと思いました。本を中心としたテーマパークをつくるようなものですね。

ソリューション型
悩んでいるから本屋にくる。知りたいことがあるから本屋にくる。であれば、それを解決することが本屋の仕事だと定義した場合、本屋はソリューション提案型のものもあってもいいのかもしれません。例えばビジネス関連で自己啓発(私は好きではありませんが)の関連書籍をまとめて、読者が抱えている問題・課題別に棚を整理していったり、統計データ集とエクセルやパワーポイントの本を隣同士において会社の資料の作り方を教えたりするのもいいかもしれません。

コミュニケーション型
欲しい本があるから来店する方もいらっしゃるとおもいます。そういう方が本が見つからない時にアマゾンなどで購入するのであれば、細かくコミュニケーションを顧客ととりつづけるお店があってもいいのではないかと思いました。本がないですか?すぐ取り寄せます。メールアドレスなど連絡先をください、可能な限り早いスケジュールで取り寄せたらいつになるかお教えします。などのように、顧客を離さないコミュニケーションをするお店があってもいいかなと思いました。

オンラインショップで出来ることとオフラインのリアル店舗でしか出来ないことは明らかに違います。人肌や熱のあるコミュニケーションはリアル店舗の方が数倍しやすいです。その長所を活かした面白い本屋さんがどんどん生まれてくれればいいなと冬空に思いました。

雑記 伝えること

人と人に何かを伝える時に必須条件になるものがある。それは「何を伝えるか?」「何を伝えたいか?」ということだ。

世の中はソーシャルメディア一色になり、なんでもない情報がありとあゆるかたちで発信され、充満している。あなたの友達の食べたご飯。あなたの友達の子供の状況。あなたの友達が旅行に行ったこと。なんでもシェアされている。その中でも「あっ」と思う情報があるだろうか?おそらくある。それらの情報は伝え手が感動し、これをシェアしたいと強く思い、ちゃんと写真を撮り、ちゃんと文章を考えて発信した情報については何か考えさせられることがあるのではないか?

人に何かを伝えて、人が動くためには条件がある。

1.自分が感動すること
2.何に感動したのか明確にわかっていること
→自分へのイマジネーション
3.その感動をどう伝えれば、読み手がハラオチできるか考えること
→他者へのイマジネーション

※ハラオチ 腹の底から理解できる

この3つしかない。自分が理解し、ハラオチしているもの以外を伝えることは難しい。ハラオチしているものを他者にシェアしようとするとき、他者の立ち位置を理解し、他者がハラオチするできるにはどういう条件や伝え方が有効なのか考える。

社内レポート
社外へのEメール
などの日常業務的なものから

CSRレポート
CSRのホームページ
ネットショップの商品ページ
ネットショップのメールマガジン
などまで全てのことに言えることだとおもう。

自分がハラオチしているのか?誰にハラオチさせたいのか?
今一度「伝える」を考えてみませんか?

いまいちステークホルダーとのコミュニケーションがうまくいかない。
いまいちネットショップの商品ページが表現できない。
そんな方は御気兼ねなく御相談くださいませ。

 

アイデアトレーニング コンテンツを生む

弊社ではECサイトやCSRコミュニケーションにおけるコンテンツ制作のお手伝いをしています。ECサイトであれば、どういう特集がいいのか?どういう商品ページが望ましいか?コンテンツ制作のスケジュールと管理運営などを。CSRにおいてはどのようなコンテンツがCSRにつながるものになるのか?どのような打ち出しをすればいいか?どのような媒体をどのように使うか?どこに向けて発信するか?などなどを行なっています。

色々なアイデアをポンポンだして、それを生業にしています。今回はどうやってアイデアをだしてコンテンツを生み出しているのか?について書いてみます。

1.街に出る
ライブな情報を得る。
電車に乗って中吊りを読む。
電車や喫茶店で皆がどんな話をしているか聞いてみる。
お店に行ってディスプレイを見る。
女性なら男性のお店、男性なら女性のお店に入ってみる。
高架下の立ち飲みから、3つ星のお店まで幅広く行ってみる。
実用衣料のしまむらからルイヴィトンまで行ってみる。
そこで気づいたもの、あっと思うことをメモにしてとっておく。

2.雑誌を読み漁る
週に1度30分でいいので、コンビニや本屋で雑誌のコーナーに行く。
1冊3分程度でいいので、できるだけ多く、幅広く雑誌を読む。
スポーツからファッションそして政治経済まで幅広く読んでみる。

3.人と話をする
多種多様な業種の方とできるだけ話をしてみる。
色々な事柄や色々なモノについて話をしてみる。
考え方の違いやモノの見方の違いに触れてみる。

4.斜めに見る
それが正しいものであっても、批判的に見てみる。
それが悪いものであっても、肯定的に見てみる。
別の角度で物事をみることをトレーニングしてみる。

5.つなげる
業種や業態が違うものをつなげてみる。
介護と外食
エネルギーと介護
漁業と介護
色々なものをつなげてみる。

6.他の業界の成功例を集める
いろいろな業界の成功事例を集めてみる。
そのKSF:成功要因を検証する。
いま持っている課題とどう合うのかを考えてみる。

7.その企業の文化にあうか検証する
最後にそれらのアイデアが企業文化とあうかどうかを検証する。
企業文化によっては突飛なアイデアを受け入れ難い体質もあるし、他の業種とのコラボレーションがしにくい業種もある。企業文化にあうかどうかを検証することが重要。

以上、アイデアを出すための作業の一部をご紹介しました。今後、それぞれの作業についてタイミングをみて書いていきます。

企業の本質 一寸の光に向けて

Black-bird fly                                Black-bird fly, into the light of a dark black night

当時ビートルズのメンバーだったジョンレノンとポールマッカートニーが1968年に書いた詩の一節です。曲名はBlackbird。アコースティック・ギターが印象的な楽曲でギターが好きな人は引きたくなるような曲です。この曲メロディもさることながら、詩が抜群に重くて印象に残るものがあります。

真夜中に真っ黒の鳥は歌うよ、壊れた翼で飛び方を生涯かけて学ぶ
この瞬間を待っていた

真夜中に真っ黒の鳥は歌うよ、生涯かけてくぼんだ目で見て学ぶ
自由になるこの瞬間を待っていた

真っ黒の鳥は飛ぶ
真っ黒の鳥は飛ぶよ、真っ暗闇のなかの一寸の光を目指して。

これだけの詩なんですが、この詩の解釈は様々なものがあり、当時物議をかもしたようです。その解釈の中にこんなものがあります。Black bird はBlack Girlという解釈でした。当時人種差別が激化していた米国の社会風刺として歌われたのではないか?というものでした。自由という光に向けて飛び立つ黒人の女の子というイメージです。

人間は誰しも、どんな社会においてもより良い社会を模索しますし、その権利を持っています。そのより良い社会を模索する方法は色々な形があります。昔はそんなのは国連の組織か慈善団体がすることだろう?というイメージがありました。しかしながら、グローバリゼーションは国連の想定以上に進み、国連はその具体的なアクションをNPOに明け渡しはじめました。

2010年以降国連は企業に対して、より良い社会形成の重要な役割を企業に対して参加を強く求め始めました。それがグローバル・コンパクトというものでした。国連単体では、より良い社会を形成することが出来なくなり、ついに私企業に対してその参加を求め始めたのです。

企業の本質は「社会に対して便益を与える」ものであると考えています。イノベーションを起こし、パラダイムシフトを促し、社会にインパクトを与えて、より良い社会にすることが企業の本来の目的なのではないかと思っています。この考え方は東京証券市場の上場の要件には含まれていませんが、私はこの考え方は上場要件に含むべきものではないかと思っています。単なる投資の対象、投機の対象ではなく社会に便益を与えることに対して投資活動を促せるようにしないと資本主義の本論からずれていくのではないかとさえ思っています。経済学の中でもこれに対するアプローチは様々だとは思いますが・・・。

企業は全てBlackbirdの様に一寸の光を目指してたくましく飛び続ける鳥のようであるべきではないかと強く思います。

自社の社会に対して提供する便益が見えない。
自社がどのように社会・環境に対して貢献できていいるのかわからない。
どのように社会・環境にアプローチするべきなのかわからない。

そういう企業のご担当者様は御気兼ねなく御相談くださいませ。