カテゴリー別アーカイブ: CSR

CSRで「らしさ」を追求する2つの理由

CSRを実施する上で重要なのは「らしさ」だと記載したことがある。これには2つの理由がある。一つはマイケルポーター先生のヴァリューチェーンとらしさが深く絡み合っている。もう一つは継続性という問題だ。一つ目に挙げたマイケルポーター先生は若くして競争優位について考え抜いたわけだが、その一つのバリューチェーンはこんなものだ。

購買した原材料等に対して、各プロセスにて価値(バリュー)を付加していくことが企業の主活動である。
バリューチェーンが企業の競争優位性をもたらす理由は、企業内部のさまざまな活動を相互に結びつけることで、市場ニーズに柔軟に対応することが可能になり、結果として顧客に価値がもたらされることに求められる。

この先生が指し示す活動を結びつける、結びつけ方はその企業の成り立ち、背景によってさだめられることになる。これはその企業の持つ文化により意思決定がなされることをさし、その企業らしさを示すことにもなる。これはCSRを実行する上でも同様で、競争優位があり、価値を最大化できるCSR活動を行う上でらしさは軽視すべきではない。CSVを語る上でも同様の事が言える。社会と共有価値を作る上で、企業が作り出す価値が企業内部のバリューチェーンから生み出され、自社が生み出す価値を社会の価値に繋げる時に「らしさ」が重要なものになるという解釈も出来るであろう。

継続するという観点でらしさの役割を考えよう。これは企業体に属したことがない人にはピンとこない話だが、各企業はそれぞれ文化というものを背負う。意思決定、価値基準、行動様式は不明文の文化に縛られる。この文化というのは不思議なもので、各企業ごとに異なる。同時にこの文化にマッチする活動の推進力は強く、継続することができる。この文化「らしさ」にそぐわないものは、推進することも、維持することも難しい。ゆえにCSR活動も当該企業のらしさを見つめ、取り込むことで社内浸透度が高く力強い活動ができる。

CSVはポッと出た話ではなく、マイケルポーターのこれまでの論文の流れを汲んでいるものなので、そこだけ取り上げ話をしても意味を本質的理解ができていないことになる。企業文化というものを体験したことがない方にはピンとこないものとなってしまう。意外とこの辺のトピックについて語るのはつけ刃の知識や聞きかじりの経験では語ることが難しいのではないかとふと思った。

 

iPadから送信

経営戦略策定に向けての3つの環境

私が大学の学部で経営学を学び始めた20年以上前に、経営は環境だという論調が高まりました。環境とは自然環境ではなく、外部環境としての環境のことを指していました。

企業が置かれている市場での市場環境の状況
企業が置かれている市場での競争環境の状況
企業が置かれている国内外の経済環境の状況

などの状況が経営戦略をたてるうえで最も必要な要件だと言われていました。しかし、その前は企業の内部環境が重要とされていました。ここで言う内部環境とは

企業が自ら統制可能な自社の内部資源の状況

を指しています。企業の組織のあり方などを中心とした経営戦略の議論が多く為されていました。

20年たった今では、内部環境の適正なマネジメントと外部環境の状況把握両方共正しく行いながら柔軟に対応していくべきだという論調になっていっています。これらの経営戦略は中小企業にも同様に言えることです。自分たちの持っているものが何なのかを適正に判断されていますでしょうか?自分たちが置かれている市場を適正に判断されていますでしょうか?

正しい経営環境分析はなれているのでしょうか?あわせて、2010年代からは自然環境という新たな要因も合わせて分析をしなければいけなくなりました。大企業、中小企業問わず

持続発展可能なビジネスモデル

に適正化しなければ、企業の大小問わず存続さえも危ぶまれます。

今一度御社が直面している

1.外部環境
2.内部環境
3.自然環境

総合的な環境分析を行うことの重要さを確認し、分析を実施してみませんか?気になるなあという方はお気兼ねなく御相談くださいませ。

 

地域貢献とCSRの形

再三企業の文化とCSRは同調すべきだし、同化しているものでないとCSRは組織に浸透しないということは伝えている。でも、具体的にはどういうことなのか?どういうアクションが好ましいのか?それは企業ごとに形がかわる。その中でも地域貢献というキーワードのCSRを考えてみましょう。

たとえば

サービス業に関する企業でホスピタリティが組織に根ざしているとしたら、ホスピタリティに関するCSRアクションが望ましい。他をおもんばかるアクション例えば・・・。

1.ゴミ拾い 半径500M
2.老人ホーム訪問
3.作業所の商品を調達
4.備品調達を周辺企業から実施
5.周辺企業にサービスについてのノウハウ提供
6.周辺学校に対する協賛や機会の提供

など色々な形が存在するはずだ。これらは一例にしかすぎません。これに対して自社の本業に応じてアクションは異なるものになります。

CSRアクションはトップダウンで形成すべきではありません。現場からの声を募り、現場主導で行われるべきことです。現場が主体的に動くことで初めて意味が生まれ、ESの向上が図れると同時にCSの向上も図れます。

トップダウンのCSRしてませんか?現場を巻き込んでいますか??

 

自社にあったCSRとは?

上場企業から中小企業・零細企業までCSRを意識し経営することが、ESもCSも向上する鍵になることは以前から申し上げておりますが、今回は自社にあったCSRとはどいうものか?ということについて考えてみたいと思います。トップダウンで経営者から従業員に対してCSRを押し付けてうまくいかない事例はこれまで沢山ありました。

うまくいかない事例の傾向として、経営が提示したCSRに対して「共感」も「理解」も得られないということがあげられます。浸透度が非常に低い状況をどう打破するのか?と躍起になっているCSRのご担当者も多いかと思います。このような事象が発生する背景として取り組んでいるCSRが自社にフィットしていないということがあげられます。

靴をイメージしてください。大きすぎる靴は靴ずれ。小さすぎる靴は魚の目ができますよね。派手な靴を買っても似合う洋服がなければ使いませんよね?サンダルを買ってきてもカジュアル過ぎて、ホテルなどには入れませんよね?

CSRはその法人格にあった適正なものを行う必要があります。業種業態・根ざす地域・従業員の行動指針・組織の持つ固有の文化など、それぞれユニークなCSRである必要性が有ります。このCSRを策定するのは経営だけではなく、従業員をはじめとするステークホルダーと対話し手探りを行い、日々変化していくものだと思います。コンサルタントが言ったからとか、本に書いてあったからというものではなく、血肉の通った生きたCSRに取り組むことがもっとも重要なのではないかと思います。

CSR コンサルタントとしてのお仕事

CSRコンサルタントとしてのお仕事ってどんなのでしょうか?勿論立ち位置でそれは相当異なります。私は3つに大別できると思っています。

1.評論家

第三者意見を論ずることを仕事にしているコンサルタント。それ以上でもそれ以下でもありません。このことに集中して仕事をしている人たちがいらっしゃいます。そういうニーズがあり、経営者を説得したりする仕事もされているように見受けます。その延長線上でCSR方針などの策定などもされていたりするはずですが・・・。

2.CSRレポート制作コンサルタント

CSRレポートは今現在ISO26000やGRIフォーマットなどのような国際基準があります。これらの国際基準を良く知り、整理して、日本中のCSRレポートをアーカイブし、CSRレポートの制作の部分を担うコンサルタントがいらっしゃいます。知識ベースのコンサルティングがメインになりますが、社内調整業務などもクライアントと一緒に行われるところも多いのではないでしょうか?

3.CSRアクションコンサルタント

CSRの方針に基づき、企業のCSRアクションをクライアント企業と共に立案し、クライアント企業と共にアクションを行うコンサルタント。クライアント企業の文化にあった企画を立案し、クライアントの企業文化に馴染む行動を実行していきます。

私は3番のコンサルタントになります。特段講師業などを行っては居ません。常にダイアログにより、クライアントさまの社風や文化を理解し、クライアントさまファーストのCSRコンサルティングを行うように心がけています。評論家は欲しくない、CSRレポートの制作補佐は欲しくない。CSRを実際にどうすればいいのかわからない!そんなお客様のニーズにお答えいたします!

中小企業とCSR

そもそもCSRってなんだか?という話をまず。同時に中小企業とCSRの関係について書いてみます。

1.企業の社会的責務

これには2つの側面があるとおもっています。1つは企業の社会的責務について。人口増加が世界的な課題になりつつありますが、これに対する手立てはありません。国連も対応できなくなりつつあり、企業に助けを求めたというのがCSRの大きな流れにあります。中小企業に関係ないじゃんって思われるでしょう。

■中小企業と社会的責務

でも、皆さんがお住まいの地域社会はどうでしょうか?少子高齢化、地域社会の崩壊、文化の育成・強化。これらのことは、どの地域でも起こっている課題や問題ですが、行政が100点の対応を取って、対応ができているでしょうか?恐らく100点とは言い難いのではないでしょうか?今現在100点ではないのに、これから先100点がとれるでしょうか?無理でしょう。

そうなると誰がやるのか?NPOですか?残念ながらNPOの数自体がおおくありません。同時にNPOが活躍できる基盤もまだまだ未整備です。そこで中小企業が活躍しなければいけなくなるのです。地域社会のメインプレイヤーは中小企業です。メインプレイヤーが活躍しないと地域社会の問題は解決することはできません。

2.経営戦略的側面

CSRを進化させて、CSVだとマイケル・ポーター先生がおっしゃっています。社会の課題や問題を企業が共有し、そこにソリューションを与えることで共有価値を築こうというものです。マイケル・ポーター先生の話は国家レベル、世界レベルの話なので、中小企業には関係ないと思われてしまいます。

■中小企業の経営戦略としてのCSR

経営戦略としてのCSRについては沢山の論者が沢山の経営戦略としてのメリットを論じています。まとめると・・・。

1)ブランディング PR的な側面でのメリット
2)市場開拓 CSRアプローチで新しい市場を開拓
3)従業員満足度向上 働きやすい、働きたい職場
4)ファイナンス 融資が受けやすい体制構築

の4点にまとまります。企業の規模関係なくこれらのメリットは存在します。中小企業においてもこのメリットは変わりません。

中小企業がCSRに取り組むメリットと取り組まないデメリットをトレードオフした時、どちらが勝つでしょうか?私は中小企業が取り組むメリットの方が大きいのではないかと思っています。中小企業だからCSRが必要ないのではなく、

中小企業だからCSRが必要なのではないでしょうか?

復興支援の形 変化する支援ニーズに対応する

2011年3月11日の大震災からもう少しで2年半が経とうとしています。とっくに復旧というフェーズは超え、復興というフェーズに入りながくなりつつあります。もう中央の報道ではあまり取り上げられないので、もう普通の生活ができていると勘違いしている方も多いのではないかと思います。

2011年は多くのボランティアが被災地に入り、草取りから瓦礫撤去まで復旧作業に従事し素早い復旧をすることに大きく寄与しました。生活を送ることは早い段階で出来るようになりました。しかし、復興となるとどうでしょうか?

現実には災害を通じて多くの個人・零細・中小企業が被災し、事業継続も危うい状態になり、多くの企業が事業を続けることができなくなりました。そればかりか、震災による人口減少により未だに経済的に元通りになることは出来ていません。

工場設備が流され
お客様が物理的に居なくなり

被災された事業者が震災前のような事業を営むことが難しくなっている現状があります。
被災地の企業はパラダイム・シフトを行い、これまでの事業形態から大きく舵を切り、地域市場から国内マーケットに目を、いえ、グローバルなマーケットに目を向ける必要性が生まれています。3ちゃん事業よろしく家内制手工業で事業を営んできた地域密着型のビジネスモデルを飛躍的に変更させるためには、どうしてもスキルが必要になります。

それらのスキルをお金で解決できるほど、被災地の事業主にはお金も余裕もありません。そこには支援のニーズがあり、困っている人がいます。そこで当方で実行しているのが被災地の事業者の支援活動です。月に1日はボランティアとして被災地の事業者に対して支援活動を行っています。無料奉仕ですが、被災地で新しいビジネスモデルを導入し、そのモデルが日本の山間過疎地や離島などでも使えるモデルなのか検証させていただいています。

災害復興支援の形は時系列で支援のニーズに応じて変化し続けていきます。支援が必要な企業の方はお気兼ねなく御相談ください。出来る範囲でお手伝いは致します。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

なにかご質問や御相談ございましたら、御気兼ねなく御相談くださいませ。

基本的に相談などに関しましては無料で対応させていただいております。ご質問やご相談はこちらから。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

テーマのない努力は意味が無い

テーマのない努力ほどむだなものはない

努力の先にあるものに価値があるであり、

努力そのものには価値はないのだ。

 

と野村克也さんがおっしゃったらしい。賛否両論あるとは思う。努力することで人間力みたいなものが鍛えられるのかもしれない。しかしながら、組織においてテーマがない努力ほど無駄な投資はないことは確かだと思う。

 

CSR部門において、テーマのない努力というのは往々にして発生しえるのではないかと思う。CSRを達成する目標に動いているのだが実際にCSRを達成したとして、達成したらどうなるのか具体的なイメージがなく努力をつづけることが多いのではないだろうか?CSR部門の目標は定性データでしか図られていないことがよくある。アンケートをはじめありとあらゆるデータを定量データ化する努力を怠っているケースがよく見られる。

 

いま行なっているCSR部門の活動を完遂することで、何がどうなるのか?達成した時にどういった結果が得られるのか?今一度考え、イメージしてみてください。いまの努力がその結果に結びつくものなのか?もう一度考えてみることも大切かも知れません。達成イメージは一つとは限りません。

 

各ステークホルダーごとにテーマが異なることも望ましいのかもしれません。顧客のイメージの変化、サプライヤーのエンゲージメントの変化、従業員のアクションの変化など様々なテーマがあったほうがいいと思います。今一度、年度末にいえ、中長期的にどのような会社になり、どのような成果でどのような結果が得られているかをイメージし、今一度努力を再開しましょう。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

なにかご質問や御相談ございましたら、御気兼ねなく御相談くださいませ。

基本的に相談などに関しましては無料で対応させていただいております。ご質問やご相談はこちらから。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

CSRをやめるということ

なんでも言えることですが、撤退という戦略が一番むずかしい戦略です。どんな戦いにおいてもメンバーの士気を高め、一気通貫で進めていくことが肝心になります。その中で撤退というネガティブな行為を事故なく進めることほど難しいことはありません。歴史から見てもわかるのですが、世界中の歴史の戦略で撤退を出血なしで終えた事例はそうそうありません。なんとも難しいものなんです。

さて、本題のCSRをやめるということも同様のことが言えます。本業で充分な売上げ利益を出せる仕組みをCSR的な観点で構築しておらず、とってつけたようにCSRに投資をしたのはいいが、本業が失速し、売上利益が減少し始めたら。CSRをやめるという判断も浮かび上がります。冷静に考えればCSRの部門を解消し、他のスタッフ部門に吸収しつつ、CSRを考慮においた経営に戻していくのがいいのかと思います。

どのような経営行動でも急激に進めるとその反動はあります。CSRをやめよう!といったとしても一気にやめるとその分反動はあります。望ましいのはCSRを第一義的に考えて、とってつけたようなCSRを標榜する姿勢を改善することが望ましいのではないでしょうか?求められるのは、本来あるべきであったCSRの姿。とってつけるのではなく、行動指針の根幹にCSRを括りつける行為が求められるのではないえでしょうか?

本来CSRと行動指針を紐付けることでよりステークホルダーと呼応した経営ができ、マーケット・インでリーンな組織が構築できることにより売上利益が安定的に生まれるというのが望ましいのだとは思います。とはいえども、そんな事例はあまりないのも実情。CSRをやめようという意見がでたらまずはソフトランディングのイメージを作るようにしてみてはいかがでしょうか?

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

なにかご質問や御相談ございましたら、御気兼ねなく御相談くださいませ。

基本的に相談などに関しましては無料で対応させていただいております。ご質問やご相談はこちらから。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

CSRは業種業態を問うのか?

本日ひょんなことからエンターテイメント関連の企業様にCSR関連とは別件でお邪魔しました。そこで別件を話しながらフト考えました、エンターテイメント業界でもCSRはなりたつのか?どうか?結論から申し上げると可能だということがわかりました。CSRはこういう業態だからできませんとか、こういう業態だから難しいですということはありません。どのような業態でも実施可能な経営活動です。

パチンコ産業のCSR
エンターテイメント産業のCSR
出版業界のCSR
スポーツ業界のCSR
IT業界のCSR

どんな業種でもどんな業態でもCSRは実施可能です。CSRは経営姿勢であり、業種や業態に影響されるものではありません。目標を持ってどのように環境・社会と共に持続発展しようとしているのか?というだけです。だけといってもそれが大変なんですが・・・。一度CSRの方針を確定してしまえば、あとは目標に向かってアクションを行うだけです。アクションは業種や業態にひも付きになります。本業とかけ離れてステークホルダーとも関係ないアクションを行なっても意味がありません。

うちの業種・業態でもCSR行動おこすことができるのか?CSR方針は確定したけど、ステークホルダーに対してインパクトを与える活動ができてないなと思っていらっしゃる企業様は是非一度御相談くださいませ。御社のお求めのCSRについて全力で考えプランさせて頂きます。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

なにかご質問や御相談ございましたら、御気兼ねなく御相談くださいませ。

基本的に相談などに関しましては無料で対応させていただいております。ご質問やご相談はこちらから。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□