タグ別アーカイブ: Free

無料コンテンツ・無料サービスのあり方

無料コンテンツ・無料サービスのあり方

タダほど高いものは無いと言われます。でも、今や街中タダだらけで消費者もタダが当たり前だと思っています。では、そのタダ(無料コンテンツ・無料サービス)を消費者に提供することで何を得ることが出来るのでしょうか?今回は無料という言葉を使ったビジネスモデルとそのモデルをどのように実業に活かせるのかを考えてみます。
1.これまでの無料とそれの麻薬性

日本では「ただより高いものはない」という言葉がありました。元々日本では無料を餌にした悪徳商法が横行していたからだとおもわれる。無料という言葉はよく限定感と一緒に表現される。

今なら手数料無料
今なら送料無料
今なら1ヶ月無料
今ならお試しセット無料

で、明日も次週も次月もずーっと無料キャンペーンを続けている。なぜ無料キャンペーンをつづけるのであろうか?それは、無料キャンペーンは麻薬性があるからだ。無料キャンペーンを続けないとお客様が来てくれないのではないか?という疑問が頭をよぎるのだと思う。他社もやっていて、自社がやめるわけにはいかない。変なスパイラルに囚われてしまい、無料キャンペーンを続けてしまう。

2.新しい無料の形

今や無料の形は色々な形になりつつある。これまでの無料が受け身の無料と例えるなら、今の無料は攻めの無料とも言える。種類こそは異なれど、積極的に無料を使って顧客の評価を向上している。たとえば、

最初は無料で、オプションを支払うことでより使いやすくなる。
これまでは有料と考えらていたサービスの部分を無料に変えて満足度をあげる。
基本的には無料だが、使用しないと有料になる。
顧客からの評価を上げるために、無料でサービスを提供する

ただ単に顧客が望む無料を提供するのではなく、顧客も考えない、新たな価値創造を無料というキーワードを使って提供するのが、新しい無料の形です。決して既存の事業モデルを崩すことなく、無料をうまく使うためにはパラダイムシフトと事業コンセプトの整合が必要になります。

無料をつかって、今よりも成長したい事業主の方は御気兼ねなく御相談くださいませ。

Free とShareはサービス・飲食・農業・漁業・工業・小売業でも活かせる

インターネットサービスの進化により、社会生活が変化している。同時に企業活動にもその影響は生じている。今回は消費者がインターネットを通じてどのような行動をはじめて、企業活動に影響を与えているのかをレポートします。

■無料ダウンロードという麻薬
インターネットダウンロードで色々なものをフリーウェアでダウンロードし、中には不法でダウンロードし、情報を得て活用している人たちが増えた。そのことにより、情報を販売することで富を得ていた組織は大損害を被っている。

例えば、
ソフトウェア産業
音楽産業

他方で、無料ダウンロードを餌に成功した企業もある。参加は無料だが、他の人よりも優位に進めるためには細かく課金するモデル。気づけば、あれよあれよという間に課金をして一顧客から相当の金額を取得するモデル。

例えば
携帯ゲーム
スマートフォンアプリケーション

★無料をマネタイズ鍵は、全て無料にしない。全て有料にしない。最初は無料であとで「細かく」「大勢から」課金する。

■共有することで儲ける
ここ数年増えているシェアモデル。インターネットを通じて、共有することがより簡易にできるようになったことが引き金でビジネスモデルが確立したものです。
所有すること、専有することよりも必要な時に必要な分を使うことの方が経済的にいい。環境にやさしい。という価値が世の中に徐々に浸透しつつあります。拡張解釈で考えれば、他の人が使ったモノを使うという考え方も含まれる傾向があります。それらを含めて考えると以下の様なビジネスモデルが共有するビジネスモデルと考えられます。

シェアハウス
カーシェア
リユース

★共有をマネタイズする鍵は、消費者のムダな所有を排除し、ムダな部分をシェアする。稼働しない時間・場所・機能を共有することでマネタイズする。

これらのビジネスモデルはいずれも参加することで消費者が利用し利益を得られる仕組みになっています。これらのビジネスモデルは実は色々な業種業態に対応したものです。エステや美容、飲食店ありとあらゆる業態でもこれらのモデルは利用が可能です。

是非活用したいという事業主の方は御気兼ねなく御相談くださいませ。