タグ別アーカイブ: 筋トレ

トレーニングも仕事も、基礎が出来ない奴は応用は出来ない

強靭な身体をつくる。とはどいうことなのか?筋肉が強ければいいのか?打たれ弱い身体がいいのか?長時間動ける身体がいいのか?色々な側面と定義がある。本来なら全ての側面で強いからだが一番望ましい。ここ数年そのことを追求しているクロスフィットというスポーツが注目されている。

長時間動け、瞬発力も養う、無酸素も有酸素もパワーバランスも柔軟性も問うようなスポーツだ。残念ながらクロスフィットをジムで行えるのは日本では東京に数店舗しかない。でも、クロスフィットはWOD work of day というトレーニングメニューを公開しており、それらメニューはそれぞれ器具があればジムや自宅で試すことができる。

其の中でも私が注目しているのが
ケトルベルスイング
デッドリフト
クリーン
スナッチ
などの体幹を鍛え、身体の連動を必要とする運動だ。これらの運動は単なるウエイトトレーニングではなく、下半身の力を上半身まで伝えるトレーニングだ。これらのトレーニングが出来るようになるためには、どうしても必要なトレーニングがある。それがスクワットだ。足から股関節にかけての筋肉がしっかり作られないかぎり、体幹をトレーニングすることができない。

仕事も同じだ。基礎がしっかりしていないのに応用はできない。基礎がしっかりしていればしているほど、応用がうまく使える。どんなことをするのにも基礎からしっかりやってみましょう。

フリーランサーやスモールビジネスオーナーのすべきこと

一人でビジネスを行うということで絶対的に必要なことは、顧客満足度の維持です。お客様にとって満足度が高いソリューションを提供し続けること。これが一番大切になります。それが口コミにつながり、顧客を増やしていくことにつながっていきます。それが出来ないということはどういうことなのか?

1.スケジュール管理が出来ていない。
2.体調管理が出来ていない。

この2点に集約されます。スケジュール管理については、グーグルカレンダーやらスマートフォンアプリケーションなど素晴らしいデジタルでの管理ができるようになっています。それを利用すれば大体の管理はできるようになります。その際に可能な限り細かくスケジュールを書いて見ると、自分の作業する時間や気分転換する時間がどれくらいあるのかがわかりはじめます。そうすることで、より緻密なスケジュール管理し、スケジュール的に無理な仕事をして仕事のクオリティを下げることがなくなります。

次の体調管理が意外と見落としがちなのですが、重要な項目です。自分の身ひとつで商売をしているということは、自分が体調不良になると仕事ができないということになります。熱が出ても、身体が痛くても、胃の調子が悪くてもお客様から期待されているクオリティを落とす事無く、一定のサービスを提供することが重要になります。

そうなると、日々ジョギング、ウォーキング、水泳、トレーニングなどをして常に動けて、故障しない身体を維持しつづけなければいけません。私も一昨年の3月11日の3日後の月曜日、3月14日に自転車で片道30キロかけてお客様のところに伺い、帰路で自転車が漕げなくなるというハプニングがありました。どんな状況でもサービスを続けるためには、まずは体力がないといけないということを思い知らされてトレーニングを日々おこなっています。

体調管理のもう一つの側面で大切なのが、食事と睡眠です。バランスのとれた食事をしっかり食べて、しっかりと睡眠をとる。この2つが出来ないといけません。これも仕事の糧のうちです。しっかり食事がとれない人間には仕事をあげないという方々も世の中にはいらっしゃいます。それはまた別の機会に書いてみたいとおもいます。健康で日々最高のパフォーマンスが出せる状況に居るよ!といえない人はこの機会に見なおしてみては?

雑記 自ら実践した動ける身体をつくるトレーニング

昨年の春以来、体づくりを行っています。いざという時に動けるからだ。必要以上に無駄な肉を排除し、全身の力を連動させることが出来る体づくりを心掛けました。その結果として体脂肪も低下し、体もふたまわり大きくなり洋服も随分あわなくなりました。その過程で気付いたり、自ら行って間違ったトレーニングについて書いてみます。

1.フォーム
どんな運動でもフォームが大切。大前提として足の向きと姿勢が大切。そこが間違うとどんな運動でも効果は半分以下になる可能性があります。ちゃんと力を伝えるためにはしっかり足で踏ん張る必要があります。

2.食事
痩せたいから食べない。これは間違っている気がします。常にバランスよくしっかり食べる。しっかり噛む。これができないと、せっかくやったトレーニングも意味がありません。どんなに綺麗なフォームで厳しいトレーニングをしたとしても、身体の中に栄養素が無いとそれは身体に蓄積されません。このひと噛みが血となり、悪となるというイメージは大切です。

3.水
運動中には出来る事なら1Lの水は飲みましょう。人間の身体のほとんどは水分で出来ています。汗をかいて欠乏すると、力もでません。同時に汗をかくことでデトックス的な意味もあるのではないかと思っています。常日頃コーヒーや炭酸を飲んでいる人ほど運動中には水をのむようにしましょう。

4.サプリメント
サプリメントは色々なものがありますが、基本的なモノ以外は取る必要ないのかとおもいます。BCAA、必須アミノ酸などの食事で取りにくいものを補完する程度でいいのかと思います。ただし、身体を大きくしたい人はバリン、ロイシン、イソロイシンなどのマニアックなものをとってもいいとは思います。

5.運動強度
強くしたいならば、常に100%から120%の運動強度で行う必要があります。これまで実施した結果、スプリット(1日2回)のトレーニングを短期間行うことで一気に身体が変わることがわかりました。あまりオススメできませんが、短期間で変えたい人にはオススメです。バットマン ダークナイトライジングの敵役をつとめたトム・ハーディがやったらしくそれを研究してやってみたのですが、相当身体を作ることができました。

6.身体を連動させる
1時間走れる身体は1時間走れる身体でしかないですし、重たい重量を固定されたフォームで持ち上げられる人は重たいものを持ち上げられる人でしかありません。動ける身体は足の先から頭のてっぺんまで身体をうまく使い力を連動させることができます。一流のスポーツ選手を見てみてください。イチローはバットの先に身体の力を伝えています。タイガーはドライバーの先に体全身の力を伝えています。腕だけで振るのではなく、足から力を伝えることが出来ています。それが全てできるようになるわけではありませんが、身体のつながりを活かすトレーニングというものは必要になります。例えば、ケトルベルクリーン、スナッチ、クリーン、ジャーク、デッドリフト、スクワット、ベンチプレスなどの運動種目は重量を問わずやるべき運動種目なのかもしれないと思っています。

★一番重要なのは生きた年数で作り上げられた身体の癖を理解し、その癖を治すのか?その癖をカバーするのか?を考えて、トレーニング・ダイエットなどの運動をして動ける身体を目指すことかと思います。今一度自分の身体の癖を考えてみましょう。

 

新規事業プラン 格安本格ジム

■新規事業背景

新規事業プラン公開第二弾になります。前回のプランを考える前の段階で考えたジムなんですが、個々数年筋肉トレーニングが非常に人気になっていますよね。2ちゃんねるでは定期的にどうやれば筋トレが捗るか?テレビでは超高級パーソナルジムで短期間に肉体改造をする芸人さんたちの特集など何かと筋肉に関係するものが話題になっています。私も個人的に数年トレーニングをしておりまして、胸囲が120センチを超えています・・・。着る服がだんだんなくなっていき困っておりますが・・・。

さて、そういう社会的背景をうけてフィットネス業界を見渡してみました。大手のスポーツジムが全国津々浦々に点在してほぼ寡占の状態になっていること。同時に地域地域で強いジムがあること、コアなトレーニングに特化したジムがあることがわかりました。最近ではパーソナルトレーニングジムの流行も一段落し、目的特化した高級ジムなんかも増え始めています。そういった高価格化を縫うように1時間程度軽い運動中心で女性にターゲットを絞ったものも成功されていますよね。

整理すると
メインプレイヤー 大資本 プールなどの高い設備投資
チャレンジャー メインプレイヤーに対抗した設備投資と新しいトレーニング機器の導入ニッチャー 女性特化 ハードトレーニング特化 肉体改造特化
のようなものがあります。

私の提案は、24時間いつでも使えて効果があり尚且つ安いジムです。ITの進化にともない残業時間が削減されるはずの企業ですが、実際は毎日残業してトレーニングどころでは無い方が多いのが実情ではないかと思っています。家に帰る頃はジムは閉まっている。家にダンベルなんかおく場所がない。そんな20代後半から50代の方が多いのではないかと思います。この世代の男性で結婚していれば、養育費用なども高くなかなか自分にお金をかけることも出来ないのではないか?と思っています。平均的なジムの費用は1万円を超えてしまいますから、到底支払えるものではないのではと思っています。

■新規事業提案

1.ターゲット
おうちにジム機器を入れられないけど、高い料金を支払ってジムを使いたくない人たち
自宅付近にトレーニングルームを借りるという感覚で利用できるジム

2.サービス概要
会員費用:月額2980円
利用時間:24時間
シャワーなし
プールなし
場所:24時間利用可能なオフィスビル
24時間利用可能な倉庫
トレーニングメニューなどは全てオプション料金

3.設備投資
ウエイトトレーニング設備 400万円程度 フリーウエイト中心
カードキー 会員数に応じて
場所 30坪から50坪程度の広さ

4.販促費用
初年度 400万程度

5.事業計画
1000万以内の投資で2年目で黒字化というモデルになります。

■事業の成功可能性
これが問題で立地が相当鍵になるのですが、これまでの立地調査ではJR東日本の乗降客数別で見て上位30位以内の立地であれば成功の可能性は高いとおもっています。テストマーケティングとしてはJR蒲田駅付近がいいのではないかと試算していました。

という風にフィットネス関連の新規事業プランでした。詳しく聞いてみたいという方がいらっしゃいましたら御相談くださいませ。

強靭な身体づくり

強靭な身体づくり

強靭な身体といっても色々な身体がある。どんな身体になることがいいのだろうか?
まずは自分がどうなりたいのかを確定する必要がある。自分が行う競技、自分が大切にしたいスタンスなど色々な側面からそれは確定していくべきだ。これは会社の戦略策定も同じで、会社としてどのようになりたいのか?会社の業種はなにか?会社の文化はどうか?その会社にあった理想形を求めて発展していくべきだ。個人の身体も同様のことが言える。例えば、

見せる身体と動く身体は違う。
素早く動くからだと長い時間動く身体は違う。
高い気温の下で動ける身体と氷点下の気温で動ける身体は違う。
片腕を使わず動ける身体と両手で動ける身体は違う。

という具合になる。この時に重要なのは大体いつくらいまでにどうなるということを決める。3ヶ月後に、半年後に、1年後に。という具合に目標をセットする。其の次にそうなるためには、逆算して、半年後には、3ヶ月後には、1か月後には、と逆算しながら途中目標を決めていく。

そうです。現状から積み上げていくのではなく、将来のある時点のあるべき姿から逆算して物事を進める「バックキャスト」のアプローチを使うことで成功します。このバックキャストは環境保護のアプローチです。民主党が2012年1月に撤回したプランで、「CO2削減は2020年に1990年比25%削減」という具合に逆算したアプローチをとり、バックキャストをしながら実行しています。

トレーニングも重たいものをあげるだけでなく、あるべき姿をイメージしてそこに到達するにはどうするのかを考えて進めることで効果的なトレーニングができます。頭もトレーニングできないと身体も作れないんです。

強靭な身体づくりをしてみたい方はお問い合わせください、皆さんにあったトレーニングメニューやダイエットメニューを作成しています。これに関しては今現在無料でご提供しています。

負けない体づくりから最強の体づくりへ (ほぼ趣味です)

2011年3月11日午後、東日本大震災がおこりました。当日私は五反田の某出版社にて打ち合わせをしておりました。その日は五反田の出版社から田町のお客様のところに歩いて寄って、その会社のオペレーションをお手伝いして朝の5時に家に帰りました。

翌月曜日のこと、いつも月曜日朝の9時半からお邪魔している東京都葛飾区のお客様のところにどうしても行きたくて状況を考えず自転車でおじゃましました。神奈川県横浜市鶴見区の自宅から片道2時間、汗だくになって自転車をこぎました。その日の帰りのことです。

まさかの事態が発生しました。

東京都内を1時間40分程度自転車を漕いで、東京都大田区蒲田の六郷付近で自転車をこげなくなってしまいました。若い頃はクロスカントリー、レスリング、柔道などをして体力に自信があった私が自転車でヘトヘトになるなんて思ってもいませんでした。とりあえず近くにあったセブンイレブンに立ち寄りチョコレートを食べて、血糖値をあげてなんとか自宅まで帰ることができました。

この時、ああこういうことがあった時に負けない体を常に作り続ける必要があるなと感じ、震災以降できる限り体を鍛え続け1年4ヶ月が経過しようとしています。トレーニングを通じて、

 

■老いない体づくりの秘密

■健康的なダイエットの方法

■スポーツに対応した体づくり

を自分の体を通して学ぶことができました。

ベンチプレス・スクワット・デッドリフトなどは50KGでヘトヘトだったのが、100KGを超える重量を挙上できるからだに。

自転車でほぼ毎日東京に片道25キロかけて通っても、爽快でしゃきっと仕事が出来る状況に。

その体験と今のトレーニング方法を公開していこうと思います。