タグ別アーカイブ: Creating Shared Value

戦略的CSRとは? 

戦略的CSRとは?

戦略的CSRという言葉、色々な雑誌やWEBページそして研究論文などでみかけるようになりましたね。でもその実態は何なのか?あんまりよくわからないのではないでしょうか?今回はマイケル・ポーターの競争優位の戦略に絡めて戦略的CSRについて書いてみます。

企業戦略と言えば、何を思い出しますか?私は大学院まで経営学を研究していたせいもあり、色々な経営学の学者を思い浮かべます。その中でひときわ異彩を放つのがハーバード大学のマイケル・ポーター教授です。若くして企業戦略のロジックを組み立て、その成果を認められて、当時最年少のハーバード大学経営学の教授になった方です。彼の書いた著書の中でも最も有名なのは競争優位の戦略。

マイケル・ポーターが描き上げた競争優位の戦略は、もう長い間、多くのビジネスマンに愛読されてきた名著だ。私も大学・大学院・社会人時代を通じて和文そして原文にも触れてきたが、まあわかりにくいですよね。多くのコンサルタント企業やブロガーが競争優位の戦略について述べていますが、読んだ人しかわからないレベルでしか言いあらわせていません。私なりの解釈は以下です。

要約すると圧倒的なNO1になるためには、ひとつの要素だけでなく、企業活動全体の「流れ」で、他者を圧倒する「武器」を作り上げろ。

ということです。では、その源泉はなんなのか?といいますと商品開発・生産調達・マーケティング・CRM・製品・製造・販売力・顧客対応力などだといっています。でも、それって・・・・。そのもとになるものは何なのか?

人です。その人達がつくり上げる文化です。そう言ってしまうとまったくもって経営学という科学が崩壊してしまうので言い切れないんだろうなと思っています。競争優位の源泉がエンジンだとすると、人は燃料、組織文化はオイルです。組織文化や人が経営戦略の礎になることを理解して、他社と向き合うとき、他社を圧倒するオリジナリティを出せる企業こそが競争優位があることになります。

その時に戦略的CSRとはなんなのか?組織文化にCSRを浸透させて、企業活動全体の「流れ」にCSRベースの経営戦略を組み込んでいくことです。当該企業のミッションやヴィジョンにCSRを取り入れ、CSR方針を打ちたて、組織文化レベル、従業員の行動規範レベルまで企業独自の考え方を流し込む。そのことにより、他社とは全く違うオリジナリティあふれる経営戦略が生まれる。この経営戦略こそが戦略的CSRであり、CSR的戦略であるといえると私は思っています。

では、御社にあった戦略的CSRとはどのようなものなのでしょうか?一緒に考えさせて頂きます。御気兼ねなく御相談くださいませ。

次世代のソーシャルアントレプレナーに告ぐ

発展途上国の社会問題にソーシャルなアプローチを行い、解決している企業が増えている。それ自体については問題はないとおもう。例えば、御社がグローバル企業でグローバル展開をする中で発展途上国でのビジネスを行う上では、当該地区の社会問題は他山の石ではなく、既に地域社会問題になってしまう。そうなれば、地域社会の問題や課題解決に取り組むのは、もっともなことだと思う。「もっとも、グローバル企業が特定の国内地域だけに支援することは、様々な関係性などがあり難しいということも重々理解している。」

最近増えているソーシャルアントレプレナーの多くは、若くして、海外に出向き、海外の厳しさを自分の目で見て、何かできないかな?と思い、起業する方が増えている。その流れもわかる。NPOという手段ではなく、営利という手段でそれを解決しようとするのもありだとおもう。CSRコンサルタントとしてではなく、個人としての意見としては正直疑問を抱いている。目の前に沢山苦しんでいる人がいることに目をつぶり、遠くの誰かを救おうとすることはどうかとおもう。

貧困
教育
健康
高齢者
女性権利
自然環境破壊

海外のこういったトピックスに対してソーシャルアプローチをするのもいい。しかし、これらは国内の問題でもあることを認識して欲しい。

日本国内でもまだまだ多くの社会課題が存在している。それが認知されていない、その問題が一般市民の目に触れていないだけではないだろうか?現在、日本全国でソーシャルアントレプレナーに対して注目が集まり、且つ、地方自治体が積極支援する方向性で色々な補助金や支援が生まれている。目の前の問題を足元の問題を取り組むソーシャルアントレプレナーに増えてもらいたいと切に願っている。

CSRレポート

CSRレポートを出す会社が増えている。自社のCSR活動をまとめて掲載するものなのだが、実際問題として誰が読むんだろうか?株主が読んで、おお!企業価値があがったなとでもいうのか?投資家がこの値だったら投資してもいいと思うんだろうか?実際問題まだまだ世の中はそのレベルに到達していないと思う。

それでもGRIフォーマットというものは存在するし、GHGという厄介なものも存在する。自社のCSR活動を他社のそれと比較したり、業界水準と比較していいことがあるのだろうか?無いだろう。でも、世の中のルールはどんどん決まるし、それに対応したものを作らないといけなくなる。

もちろん世の中の要請というのはある。でも、世の中はCSRレポートを望んでいるだろうか?CSRレポートを書けば、環境破壊がとまるとでも、GHG算定でCO2排出量を開示することが直接的に環境保護につながると思っているだろうか?それもないと思われる。

では、世の中はCSRレポート以外に何を求めるのだろうか?わざわざCSRレポートをPDFや冊子でみるのではなく通常の事業活動に連動したCSR活動の情報開示があればいい。CSRレポートに乗らない、CSR活動こそ市場が求めるものではないか?それこそがイノベーションを促し、それこそが競争優位な戦略を生み出す。

弊社では、CSRレポートにたよならい、CSRレポートに載せることができないCSR活動を効率良く経営戦略に連動したものに昇華させるサポートをしています。CSRレポートつくるまでではないんだけど・・・。という企業様にはピッタリのものです。是非お問い合わせを。